Aurea Gran Rosé

Toscana IGT

このクリュは、テヌータ・アンミラーリアのブドウ畑で朝日を眺めていた時に誕生しました。「アウレア・グラン・ロゼ」とは、マレンマの海岸線を照らす柔らかい日差しからインスピレーションを受けて付けられた名前です。海、シラーとヴェルメンティーノを育む畑、自然が生み出す上品さとハーモニーが出会うこのアンミラーリアのエステートを象徴するワインです。

Aurea Gran Rosé
Aurea Gran Rosé
2018
2017
気候動向
ワイン造りと熟成
説明技術的な注意事項

2018年は降水量が多く降雪も記録した冬を特徴としたことから土壌に必要な水資源を蓄えることができました。春は雨がふんだんに降ったため、萌芽はやや遅れて始まりました。その後、気温が上昇したことによりブドウ樹は順調に成長しました。非常に暑い夏だったことから、極めて素晴らしいアロマの配分となり、ブドウは理想的な状態で完熟しました。収穫時期の快晴と涼しい海風はブドウにとって好条件となり、この地特有の微気候から生み出される成分が見事に調和されていきました。

ワイン造りと熟成: アウレア作りの鍵となるのが、この土地の性質とブドウ畑での管理、作り手の技量です。海に近いという地理的条件に加え、白ワイン用品種特有の栽培法と製造法をシラー種に関しても行うことによってこのアウレアが生まれます。重厚な風味と一つとなるこのワイン特有の上品さがこだわりの証です。ブドウ畑からワイナリーでのワイン作りまで、すべての工程において細心の注意を払い作業を行っていきます。ブドウは、厳しい選果を行いながら手摘みで丁寧に収穫され、朝早い日の出の時間から始まり、常に日中の最も涼しい時間帯に行われます。収穫後すぐにワイナリーに運ばれ、慎重で丁寧な作業が始まります。ブドウは皮付きのまま無酸素状態でプレスされ慎重に管理されます。この段階では、ブドウにストレスをかけないよう特に優しく柔らかくプレスされます。この工程には、ブドウ汁の厳しい選別と12時間以内に沈降分離へと移行させる作業も含まれ、基準に沿わないブドウは取り除かれていきます。16°Cで管理され、中程度にトーストした20%新樽の600ℓ用フランス産オーク樽で発酵させます。この工程を終えると2品種を混ぜ合わせて良質の果皮とともに8カ月間発酵させていきます。その後、白ワイン製造法で醸造しバリックで20カ月間熟成させた前年収穫分のシラー種(ヴァン・ド・レゼルヴ)を少量加えます。

オルガノレプティックノート: アウレア2018は、ゴールドピンクに輝き反射する透明感のある魅力的な淡いピンク色をしています。非常に濃厚で深みのあるブーケを持ち、新鮮な果実の上品な香りで魅了していきます。甘い香りとスパイシー香とともに滑らかでジューシーな味わいが広がります。上品な酸味により引き立つミネラル感により、個性と持続性、深みが生み出されています。フィニッシュは余韻があり長く続きます。

利用可能なフォーマット: 0,75 l – 1,5 l – 3l

気候動向

2018年は降水量が多く降雪も記録した冬を特徴としたことから土壌に必要な水資源を蓄えることができました。春は雨がふんだんに降ったため、萌芽はやや遅れて始まりました。その後、気温が上昇したことによりブドウ樹は順調に成長しました。非常に暑い夏だったことから、極めて素晴らしいアロマの配分となり、ブドウは理想的な状態で完熟しました。収穫時期の快晴と涼しい海風はブドウにとって好条件となり、この地特有の微気候から生み出される成分が見事に調和されていきました。

ワイン造りと熟成

ワイン造りと熟成: アウレア作りの鍵となるのが、この土地の性質とブドウ畑での管理、作り手の技量です。海に近いという地理的条件に加え、白ワイン用品種特有の栽培法と製造法をシラー種に関しても行うことによってこのアウレアが生まれます。重厚な風味と一つとなるこのワイン特有の上品さがこだわりの証です。ブドウ畑からワイナリーでのワイン作りまで、すべての工程において細心の注意を払い作業を行っていきます。ブドウは、厳しい選果を行いながら手摘みで丁寧に収穫され、朝早い日の出の時間から始まり、常に日中の最も涼しい時間帯に行われます。収穫後すぐにワイナリーに運ばれ、慎重で丁寧な作業が始まります。ブドウは皮付きのまま無酸素状態でプレスされ慎重に管理されます。この段階では、ブドウにストレスをかけないよう特に優しく柔らかくプレスされます。この工程には、ブドウ汁の厳しい選別と12時間以内に沈降分離へと移行させる作業も含まれ、基準に沿わないブドウは取り除かれていきます。16°Cで管理され、中程度にトーストした20%新樽の600ℓ用フランス産オーク樽で発酵させます。この工程を終えると2品種を混ぜ合わせて良質の果皮とともに8カ月間発酵させていきます。その後、白ワイン製造法で醸造しバリックで20カ月間熟成させた前年収穫分のシラー種(ヴァン・ド・レゼルヴ)を少量加えます。

説明技術的な注意事項

オルガノレプティックノート: アウレア2018は、ゴールドピンクに輝き反射する透明感のある魅力的な淡いピンク色をしています。非常に濃厚で深みのあるブーケを持ち、新鮮な果実の上品な香りで魅了していきます。甘い香りとスパイシー香とともに滑らかでジューシーな味わいが広がります。上品な酸味により引き立つミネラル感により、個性と持続性、深みが生み出されています。フィニッシュは余韻があり長く続きます。

利用可能なフォーマット: 0,75 l – 1,5 l – 3l

テヌータ・
アンミラーリア

一隻の船
新たな道を探しに海へ向かう

テヌータ・
アンミラーリア

Pietraregia

モレッリーノの豊かな表現力と包容力

Pietraregia
Pietraregia

Pietraregia

モレッリーノの豊かな表現力と包容力

Terre More
Terre More

Terre More

凝縮感、上品、現代的な風味

Massovivo
Massovivo

Massovivo

麦藁色に反射する黄金色のヴェルメンティーノ

Alìe
Alìe

Alìe

美しさと魅惑の象徴、海の妖精

お近くのワインショップを探す

どこにあるかショップ

お近くのワインショップを探す
あなたの好きなワインを見つけることができる場所を発見してください
© 2020 Copyright Marchesi Frescobaldi 個人納税者番号 - 付加価値税登録番号 -フィレンツ商業登記 01770300489 全額払込資本金 € 14.021.067
info@frescobaldi.it |+39 055/27141
私たちはあなたのプライバシーを尊重します。
当社は、当社のサービスを提供し、ナビゲーションとユーザーエクスペリエンスを向上させるために、当社独自のクッキーとサードパーティのクッキーを使用しています。 詳細については、当社のクッキーポリシーをご覧ください
同意する」をクリックするか、閲覧を続けることで、お客様は当社のクッキーの使用に同意したことになります。